« カセムサン1のゲストハウス | トップページ | ワットポーマッサージ »

2005年10月 8日 (土)

9月7日ボイスホビークラブと川沿いのレストラン

またもや朝から友人と一緒に散歩。マーブンクロンの前でひたすら開くのを待つ。10時とともに中に入り、やっぱりクーポン食堂へ、、そして「カオカームー」を友達が食べたいという。私の胃はすっかりタイランドになってしまっていた。違和感なく朝からカオカームー。多分タイ人でも朝からは食べない。

kaoka-mu- <カオカームー>

豚肉の柔らか煮込みのせごはん                  (日本語訳が難しい・・・)

35B

こちらは屋台の定番メニューです。

味がしみた豚肉とゆで卵がおいしい。味付けは豚の角煮に近く、日本人にも食べやすいと思う。

                   

その後、12時から始まるボイスホビークラブという料理教室に行った。ここも日本人対象のオケイコ学校らしく、マリサとは違って従業員に日本人も多かった。ここは初めて来たのだけど、建物の中は実際、、日本だった・・・(ちょっと色気ない・・・)3品で単発650Bです。

 sakanahoiru2             sakanahoiru1                                         <1品目>                        プラーサムリー・オップグルア              

(コットンフィッシュのホイル焼き) 

とても簡単。魚を開いて掃除して、塩コショウをし、カー、バイマックル、タクライを詰め込んでホイル焼き。マナオ、ナンプラーのたれを漬けてさっぱり頂きます。

pakki-mao <2品目>                                   クイッティオ・センヤイ・パッ・キーマオ                        (タイ太麺のバジル炒め) 

タイの米麺の太い方と野菜を唐辛子、オイスターソース、ナンプラーなどで味付けした焼きそば。カラフルで見栄えもします。

   

banana <3品目>                                   クルアイ・ブァッチー                              (バナナのココナッツミルク)

日本でよくあるタピオカのココナッツベースにバナナを入れたもの。何が違うかってタイのは何故か結構しょっぱい。                              

料理教室は12時~2時には終わって、お腹いっぱいのまま、スクンビットソイ33にある「ポーマッサージ」へ・・・マッサージについて、詳しくは次回に書きたいと思います。  

そしてそしてまだお腹いっぱいのまま、友達の紹介でチャオプラヤー川沿いのレストランへ向かう。まだ17時だ。お腹空いてないな。。sakanakawazoi tomuka-gai yamumakuakawa            ge-nnkyo

   

・・・と思っていたのは最初だけ。

(魚の酸っぱいスープ)、トムカーガイ(鶏肉の酸っぱいスープ)、ヤムマクア(茄子の酸っぱいサラダ)、ゲーンキョーワーン(グリーンカレー)結構酸っぱい尽くしで、ほとんどの料理がさっぱりしてておいしかった!こういうタイ料理ばっかり食べてるとダイエットにいいんだろうと思う。でも実際はこういうさっぱりしたものばかりではないのがタイ料理の罠。会計は友人の知り合いと言う事で4人ともごちそうになってしまった。初対面なのに太っ腹。ごちそうさまです。ところで、ここのレストランがある船着場の名前はターティエンでした!

                

|

« カセムサン1のゲストハウス | トップページ | ワットポーマッサージ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137845/6309678

この記事へのトラックバック一覧です: 9月7日ボイスホビークラブと川沿いのレストラン :

« カセムサン1のゲストハウス | トップページ | ワットポーマッサージ »