« ⑤ピーカイ・ソーサイ(手羽先の詰め物揚げ) | トップページ | ポッピア・トート(揚げ春巻き) »

2006年1月 5日 (木)

カノムチーン(そうめん風米麺のカレーがけ)

訳して「そうめんみたいな米麺、カレーソースがけ」

ワンディーで授業後に昼食をごちそうになった(レストランも経営)

衝撃!

カノムチーンがむちゃくちゃおいしい。日本では「ん?そうめんのカレーがけ?イマイチぱっとしないな~」なんて思っていたバカな私でした。 kanomutinzairyou kanomutinkansei

カレーソースの作り方はレッドカレーと似ているようで違う。ダシは鶏がらではなく魚のダシ。また魚(鰆とか雷魚とか)の身もペーストにしてソースに混ぜ込みます。それにガチャイ(クラチャイ)は不可欠。牛蒡のような生姜のような物体で素敵な香りがします。

そしてカレーに使用するカーやレモングラス、にんにく、唐辛子。でもこの料理にはパクチーが使用されておらず、クラチャイの香りとケンカしないように考えられている。

そして食べるときには高菜の漬物、生もやし、生インゲンを添え、素麺と一緒に頂きます。野菜はこれに限らずいろんなハーブを組み合わせてもよろしい。そして私は取り付かれたように食べました。私はまれにタイ料理に取り付かれます。

しかし私はそれ以降、カノムチン屋台をチャトチャックでしか見たことなかったのです。が、バンコク在住の友達によるとBTSチットロムから近くの伊勢丹近くに小さいカノムチン屋台があるということです。次回バンコク訪の際は行ってみたいと思います。でも根性出して探せばいっぱいあるんだろうね。。

|

« ⑤ピーカイ・ソーサイ(手羽先の詰め物揚げ) | トップページ | ポッピア・トート(揚げ春巻き) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137845/8017965

この記事へのトラックバック一覧です: カノムチーン(そうめん風米麺のカレーがけ) :

« ⑤ピーカイ・ソーサイ(手羽先の詰め物揚げ) | トップページ | ポッピア・トート(揚げ春巻き) »