« クイッティオ・ムートン(ライスヌードル、??味) | トップページ | 小旅行:ローズガーデン »

2006年1月22日 (日)

ホイトーッ(タイのお好み焼き的)

東京では昨日、今シーズン初の雪が降り、何と9センチも積もりました。私は嬉しい半面、寒いのが大の苦手なため、昨日今日の土日は外に出るどころか、家でロクに動かず「ホケー」としている有様でした。

さて今回のメニューですが、私の大好きな「ホイトーッ」です。訳してタイ風お好み焼き。ムールなんかも入ったりしてなかなかオシャレ・・・・でもない。

hoitozairyou

<材料>くず粉1カップ、ムール貝200g、水1カップ、卵2個、塩小さじ2/3                                     あさつき、もやし、ナンプラー、サラダ油、パクチー

(ソース)チリソース、ガムシロップ、ナンプラー

hoitomaze hoitoyaki

左の材料を混ぜた写真は本場大阪のお好み焼きをフツフツを思い出させる。大阪人として他国の粉モンに少し興奮した。しかし生地は小麦粉ではなく、くず粉。くず粉って日本ではそんなに馴染みがないな・・・。何となくおばあさん家の「くず湯」なんかを思いだすのだけど、このくず粉を使うことにより「ねばねば~」「モチモチ~」の独特の新しい触感を生み出す事が出来る。ただ日本でくず粉は思いのほか高価だったので、家庭で作る際は(くず粉:小麦粉=1:1)で作ると良いでしょう。またムールの他にカキやイカもオススメです。

いや、これは庶民の食べ物というよりもりっぱなご馳走です、日本で食べると。

しかし恐るべしは油の量!! でた!!

◎「揚げ焼き」⇒よーするにたっぷりの油で揚げると見せかけて、実はその油ごと巻き込んで焼いてしまう恐ろしい調理法!

ちなみにタイでこの調理法はそこらじゅうで見かけます。はっきり言ってギトギト。。。ベトベト。。。後で必ず胃がもたれます。屋台なんかで食べたらもっと油まみれで、日本仕様の胃には重すぎ。でも慣れてくるとどってことなくなります。

hoitokansei

完成!ソースをつけて頂きます!

このモチモチ触感がたまらない~

|

« クイッティオ・ムートン(ライスヌードル、??味) | トップページ | 小旅行:ローズガーデン »

コメント

はじめまして!タイ料理に添えられる野菜飾り(カービング)って、普通、食べてもよいものなのですか?それとも、手をつけない方がよいのでしょうか???今日、お店に行って、ちょっと疑問に思いましたので・・・もし、ご存知でしたら、教えていただけますか?どうぞよろしくお願いします。

投稿: Noriko | 2006年1月29日 (日) 15:45

はじめまして、こんばんは。カービング野菜は本来、料理の飾りですので食べません。

もしどうしても食べたければそれも可能ですが、野菜を掘る際に素手でいじくりまわしたり、また作るのに結構手間がかかるためほとんどが使いまわし・・・という状況ですのでやっぱりやめておく事をオススメします!ではまた何か分からない事があったら聞いて下さいね。

投稿: 妻島 | 2006年2月 1日 (水) 23:06

アドバイス、どうもありがとうございます!!とっても参考になりました!実は、うっかりポリッと食べてしまいまして(トホホノホ~)・・・考えてみると、カービングがついてきたとこって、なかったんです(笑)。お店の人は、何も言わなかったんですが、それ以降、別のテーブルのお客さんには、ニンジンのお飾りは食べないでくださいねっ!って、さりげな~く言っていたのを聞いてしまったんです(笑)。これからは、気をつけま~す。また、なにかありましたら、教えてくださいね。

投稿: Noriko | 2006年2月 2日 (木) 00:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137845/8286962

この記事へのトラックバック一覧です: ホイトーッ(タイのお好み焼き的):

« クイッティオ・ムートン(ライスヌードル、??味) | トップページ | 小旅行:ローズガーデン »