« サークサイムー(豚挽き肉のタピオカ蒸し) | トップページ | カオオップ・サパロット(パイナップルチャーハン) »

2006年2月26日 (日)

ムー・サテ

久々の定番メニュー。

この料理はマッサマンカレーに続く、マレーの方から伝わった料理だそう。タイが料理で影響を受けてるのはダントツ中国だけど、マレーシアやラオス、ビルマからもいろいろな形態で出没しています。 

satezai<材料>                                 豚肉300g、コリアンダー小さじ1/4(炒る)、クミン小さじ1/4(炒る)、レモングラス2本(刻む)、カー小さじ1(刻む)、こぶみかんの皮(なければレモンの皮)1/4個分(刻む)、砂糖大さじ1、ターメリック小さじ1、サラダ油大さじ1、塩小さじ1、ココナッツミルク1/4カップ

このカレーのようなベースに漬け込んで、焼きます。

sateyaki1 何だか雰囲気出てきた!

これを小腹が空いたときに屋台で買い食いするのがいい。タイの豚肉もおいしくってジューシー。

でもでもたまにとんでもなく味の素の味がする事があるので要注意

ちなみにこの漬けこみダレは鶏肉にもとっても合います。カーやコブミカンの皮がなければ省いてもOK。私は毎正月、旦那の実家の集まりの際には「おせち」ではなく、これを持って行きます(若干レシピいじってますが)とっても食べやすくて子どもにも人気です。

satekansei タイでは更にタレを漬けます。①ココナツベースのレッドカレーのようなピーナッツソースのような②ホムデン、胡瓜などをスライスしてお酢に入れたもの

①は味が余計くどくなるので、②のお酢と野菜を漬けながらパクパクいくのが良いかと思います。そして食べ過ぎる・・・案外何も漬けなくても大丈夫です。

◎またここで出てくるターメリックについて                                  

日本語で「ウコン」タイ語で「カミン」英語で「ターメリック」                       カレーの黄色がターメリック。たくあんの黄色もターメリック。                                         鎮痛、消化促進、健胃作用、殺菌作用、胆汁の分泌促進→二日酔いに効く 

タイの香辛料やハーブの説明する時、いつも「殺菌作用」が出てくるんだけど、訪タイ10数回の私が、一度もお腹をくだした事がないのはそのせいなのか?いや気のせいなのか?                        

またサプリメントも出回っています。ウコン酒、ウコン茶なんかも(おいしくないです。余計酔いそう・・・) 黄色(クルクミン)は最近ではガンの予防にも良いとされています。

着色料にも使われるってことは、取り扱い注意です。食べこぼしにも注意!でもおいしいよ

|

« サークサイムー(豚挽き肉のタピオカ蒸し) | トップページ | カオオップ・サパロット(パイナップルチャーハン) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137845/8850175

この記事へのトラックバック一覧です: ムー・サテ:

« サークサイムー(豚挽き肉のタピオカ蒸し) | トップページ | カオオップ・サパロット(パイナップルチャーハン) »