« 好きな写真 | トップページ | スープ・ヌア(牛肉スープ) »

2006年3月21日 (火)

マム・マムワン・プラサムリー・トード(揚げ魚マンゴーソースがけ)

今日は「マリサ」の料理教室に行った。

マリサランゲージスクール http://www.malisathailand.com

りっぱなホームページがあるので紹介しておきます。主催のラー先生は以前夫の仕事で日本に住んでいたことがあり、日本語が上手です。そして夫の仕事でバンコクへ転勤になってしまった奥さん達にとってこのような学校があればなァと思い、カルチャーセンターを立ち上げたそう。タイ語だけでなく、料理やカービング、楽器、粘土細工なども教えていて、在住日本人には必ずといっていいほど知られています。

私もその後夫の転勤でサンフランシスコに住んだことがありますが、このような学校があると他国に住む日本人にとって精神的にも助かるんだろうなあと改めて感じました。

そして、カービングや料理のレベルも高い。ここでカービングを習って、日本で教室を開いている人も多いです。

3月18日(土)のトキオが出ている番組のタイ料理特集の際にも、案内人としてラー先生が出演していらっしゃいました。ラー先生、元気かな??

さてさて話はそれてしまいましたが・・・

ヤム(ドレッシング・混ぜる)マムワン(マンゴー)プラサムリー(魚の名前)トード(揚げる)

marisa

<ソース>                        ホムデン                        パクチー                          ピッキーヌ                          葱                            ナンプラー                       砂糖                           マナオ果汁              

細長く切ったマンゴーもソースに加えます。

後は揚げた魚に豪快にかけて完成です。

揚げた魚にマンゴーの酸味と甘みが良く合います。またよくサラダに使用されるヤムのたれが揚げ魚をさっぱりと食べやすくしてくれる。揚げたピーナッツも魚に添えてあるのですが、これもよく計算されていて、すべてを一緒に食べた時に絶妙な味になります。

マリサの料理教室は日本人に会うように多少はアレンジされているのか否か、とても完成されていて食べやすいと思う。(レシピは時々日本語の間違いがいくつか見られますが、それもまた微笑ましい・・・)

|

« 好きな写真 | トップページ | スープ・ヌア(牛肉スープ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137845/9187421

この記事へのトラックバック一覧です: マム・マムワン・プラサムリー・トード(揚げ魚マンゴーソースがけ):

« 好きな写真 | トップページ | スープ・ヌア(牛肉スープ) »