« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006年5月31日 (水)

カオ・カー・ムー(豚足の煮込みぶっかけごはん)

私の好きな屋台メニューです。

カオカームー;豚足醤油煮込みぶっかけごはん

02010100cimg00351_3このメニューを習った時の写真が見当たらなかったので、以前にも使用した写真を再び使用させて頂きます(マーブンクロンのクーポン食堂内)                      

①豚足を丸ごと油で揚げた後、フライパンに油をひき、ニンニク、白胡椒、パクチーの根を叩いたものと炒める。パームシュガーを加え煮溶かす。シーユウダム、シーユウカオ、マギーソース(1:1:1)を加え全体を絡めて煮詰める。

②ひたひたの水を加え、約1時間煮込む。⇒ここまでで豚足煮込み出来上がり。(味を見ながら調味料や水の量を調整すれば良し、煮込めば煮込む程味が馴染んで柔らかくなります)ここでゆで卵を入れるのを忘れずに。

③酢だれ  唐辛子・酢

④白菜の漬物

⑤ごはん

これらがセットになってカオカームーの出来上がりです。ご飯の上にぶっかけて汁ごとさらさら~っていくのがいい感じ。酢だれも脂っこい豚足煮込みにバランス良く合い、洗練した味になります(大げさですが)

私は基本的に、豚肉の脂(以前何かの料理で豚の脂を多量に食べた後、貧血を起こして倒れました)と肉の煮込み料理(特に赤ワイン煮込みとか、ちょっとオシャレな煮込み)はあまり得意ではないのですが、これはおいしく頂けます。

それはどうしてか未だ分かりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月24日 (水)

小旅行;ホアヒン

そして休日・・・。学校休みでボーッとしてるのもナンだし、やっぱ、ビーチへ行こう!      

一人だとチョイ寂しい気もするけど海見に行こう。

今回選んだ場所はホアヒン。ホアヒンとはタイ語で「石の頭」なるほど海には岩が多くて泳ぎにくかった。でも王室の別荘があったり、ヒルトンホテルとかもあって、なかなかセレブ?な場所で新婚旅行に訪れる日本人もいるらしいです。

<行き方>⇒南バスターミナル(エカマイ)から4時間弱くらい。運賃は忘れたけど200Bもしなかったと思います。       

着いた・・・そしてまずは宿探し。あまりお金は出せなかったので、ビーチ上にある安宿を借りる。エアコンなしで1泊300B。海の上に立つ宿。まさに水上生活?と少し嬉しい気分になった。その後私は眠れない夜を過ごすのだが・・・(後述します。思い出すのもちょっとどうかなと、、)

街に出るとやっぱり少し小洒落た感じがしました。外国人がそこそこ訪れるとあって洋食屋も結構ある。イタリアンのお店もある。英語表記もたくさんあって、まあ、それなりに楽しめる。ただ小さいので主要な場所は30分もあれば一周出来ました。あ、やば、もう一周しちゃった・・・さーてビーチ行こ~  

Hoauma_2 

Hoauma2

さすが王室のリゾート地!お馬さんがいます。

Hoaumainu_4

あ、馬と犬と人間

その後一人で一生懸命泳いでみるものの、足が岩に直撃して砂浜へ戻る↓Hoakaniippai            

砂浜に穴がプツプツを開いてたのでナンだろ?って思ってたらそれはカニの赤ちゃんの出口なのでした。       

近寄ると逃げて、近寄ると逃げて、近寄ると逃げて・・・

そしてそうこうしてるうちに夕方になり、何故かそこで知り合った日本人団体とお酒をかわし、夜、宿につく。

さあ寝よ。と思て布団をめくった瞬間!

私が寝る場所にアリさんが列をなして行進していました・・・

生まれて初めて目が点というものを経験し、それを払いのけて寝る勇気もなく、端っこの方でベッドに横たわる形で睡眠・・・それに加え波の音がうるさくて全く眠れない。。

<感想>・・・水はあまりきれいではなく、岩も多いため、あんまり本気で泳げないけど馬や犬、カニもいてノンビリはできる。一人だとちょびっと寂しい。一人で行くならサメット島がオススメです。皆でお洒落なお店でディナーや、海沿いのシーフード店でワイワイやるのが楽しそうです。次回はホテルはそこそこのランクのとこに泊まろう!と堅く誓いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月15日 (月)

ヤム・ヌア・ヤーン(牛肉のサラダ)

そして今回はタイではスタンダードな‘ヤム 料理。

ヤム(サラダ)+ヌア(牛肉)+ヤーン(焼く)→牛肉(ステーキ)サラダ

ちなみに・・・ ★ヤム→ナンプラー、マナオ、砂糖ベースのたれを素材と野菜で和えた料理のことを差します。

<その他ヤムの料理もご紹介>                                       ①ヤムウンセン(春雨サラダ)                                   日本でも代表的、人気メニュー。  

②ヤムタレー(シーフードサラダ)                                  エビ、イカ、あさりやムールなどを使用した贅沢なサラダ。                                                      

③ヤム・カイダーオ(目玉焼きのサラダ)

他にもヤム・マムワン(マンゴー)、ヤム・プラームック(いか)などなどバリエーションは果てしなく広がり、、ソムタムのタレベースもヤムに近い。油を使用しないのでさっぱりとしてて前菜には最適だと思います。またこのベースさえ覚えておけば、いろいろとアレンジも出来ます。例えば、ヤム・秋刀魚とか、ヤム・鯖など青魚にもよく合います。

<話は戻ってヤムヌアだいたいのレシピ>                                    牛肉(200gくらい)1枚、玉葱スライス100g、ホムデンもしくは赤玉葱適量、胡瓜半分、チャイニーズセロリ1本、トマト(小)1個、唐辛子は好きなだけ                            

ナンプラー:ライム果汁(レモン果汁):砂糖=大さじ3:3:1 砂糖はお好みで増量して下さい。物足りなければチリソースなどを少し加えても良い。コクが増します。

Saradasetto_1

Yamunua_2 

牛肉はミディアムレアがオススメです。サラダっていうより、ほとんど「焼肉の野菜添え」みたいな出来になりました。

                                                                         

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 1日 (月)

料理教室inTYキッチン

大変遅くなりましたが、平成18年4月2日(日)17時~開催しましたタイ料理教室について記述したいと思います。

場所は世田谷区自由が丘近く、奥沢のTYキッチンです。

雨がちらついたと思ったら、授業中にはカミナリが鳴り響く!といったすざまじい天候の中、ご参加下さった7名様、本当にありがとうございました。重ねて御礼を申し上げます。

当日のメニューです。今回は家庭でも作りやすいタイ料理をベースに考案しました。

①ヤムタレー(シーフードのスパイシーサラダ)                              

②ガイヤーン(焼き鳥←直訳ですが)                          

③センレック・ヘン(汁なし幅太ビーフン←訳は難しい)              

④タピオカとフルーツのココナッツミルク                                

4品あるので何時間かかるかなぁ・・・と思っていましたが、皆さんの素早い動きで何とか3時間で作ることが出来ました。

Yamutare_3Gaiyan_5

上)ヤムタレー          下)ガイヤーン

Kabing_1 今回は人参やかぼちゃでお花を作ってみました。

Saigo

試食はまずビールで乾杯!TYキッチンは場所柄もあるでしょうが、この空間が何とも素敵です。撮影などにも使用されています。

          

開講は不定期ですが、また開催します。次回は真夏くらいにバジル炒めぶっかけごはんでも・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »