« TYキッチンタイ料理講座 | トップページ | クイッティオ・シャンハイ・タレー »

2006年12月23日 (土)

センヤイ・パ・キーマオの続き

こんにちは。世間はもうクリスマス一色ですが、特に浮かれもしない毎日が続いています。

仕事がらみで、クリスマス商戦、とか、クリスマス視察、とか。私の中ではもう既にクリスマスは夏から迫っており、何だかな~、ウキウキしたいな~なんて思いながら「ああ、春のメニューどないしよう・・・」なんて考えながら時間が過ぎていくのです。そして挙句の果てには「あれ?今って季節なんやっけ?」なんて寝ぼけたことを普通に考えるのです。

気がつけば「ジングルベル♪ジングルベル♪~」とクリスマスソングの流れる中、お店で販売なんかもしてたりして。

さて、センヤイ・パ・キーマオ(タイ太麺のバジル炒め)の作り方です。料理教室のレシピそのままコピーしてみましたので、見にくいです。             

<材料>                                                センヤイ(乾燥)・・・150g                                                  にんにく・・・2房                                                        ピッキーヌ・・・5本~

豚肉(こま切れ)・・・100g
玉葱・・・80g                オイスターソース・・・大さじ1
ヤングコーン・・・3本            砂糖・・・8g
フクロダケ・・・6個くらい          ナンプラー・・・大さじ1
青菜・・・120g 
人参・・・20g
キャベツ・・・30g              シーユーダム・・・小さじ1
バイガパオ(葉)・・・10g          胡椒・・・少々
ピッチーファ・・・1.5本           鶏がらスープ
                        サラダ油大さじ0.5+1.5
①センヤイは水で30分浸水する。
②にんにくはみじん切り、ピッキーヌは細かくカット、玉葱は1cm薄切り、ヤング
  コーンは斜めにカット、カナーは一口大、フクロダケは縦に半分にする。
③豚肉は一口大に切り、軽く塩コショウしておく。
④大き目のフライパンに油0.5をいれ、豚肉を炒める。表面に焼き色がついたら
  取り出しておく。そのままのフライパンに油1.5、にんにく、ピッキーヌをいれ、
  弱火で香りを出し、玉葱、人参、ヤングコーン、青菜、キャベツ、ピッチーファ
  などの野菜を順に炒める。
⑤戻した麺を加え、鶏がラスープを2、3回に分けて入れ、調味料も加える。
  全体になじんだら、豚肉を戻しいれ、ガパオを加え、さっと混ぜあわせたら
  出来上がり。 
 
ほんとに見にくいです。すみません。

                                        

|

« TYキッチンタイ料理講座 | トップページ | クイッティオ・シャンハイ・タレー »

コメント

妻島さーん。ご無沙汰してます。BFで一緒だったT口です。サワディーカーップ!
実は先日、10日間ほどプーケットに行ってたんですよ~。タイ料理サイコーでした~。
念願の本場タイ料理をたらふく食べてきました。パッタイ・パッタイ・カオパッタイ・ビール・ビール・トムヤムクン・・・と、ずーっと食べてました。トゥクトゥクのおじちゃんが、地元のお店に連れてってくれて(これがチョーやばそうなくらいのお店だったけど)カエルとかが並んじゃってるお店はさすがに安く、観光地プライスの3分の1でした!うちの家族のお腹が心配だったけど、子供も旦那も私も無事でした。もともと顔のこーい旦那は、現地で現地人に間違えられてました。またタイ料理のお店も教えてね~ではよいお年を~

投稿: はみっこ | 2006年12月28日 (木) 20:16

T口さん、おひさしぶりです。
プーケットに行かれてたんですね。
とてもウラヤマシイ!
やはり現地のタイ料理は日本と違って、本当においしいですよね。
日本は段々と寒くなってきてタイがとても恋しいです。来年は私もタイに行きたいな。

来年もよろしくお願いします。
仕事少しは落ち着きそうなので、ぜひ食事にも行きましょう!

投稿: 妻島 | 2006年12月30日 (土) 12:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137845/13172294

この記事へのトラックバック一覧です: センヤイ・パ・キーマオの続き:

« TYキッチンタイ料理講座 | トップページ | クイッティオ・シャンハイ・タレー »