« ブッサラカム | トップページ | 日タイ修好120周年記念事業 »

2007年10月 1日 (月)

ソンブーン

寒い。

今回はカニのカレー炒め「プーパッポンカリー」が有名な「ソンブーン」

1970年ごろ日本人が大好きなこの料理を生み出したのがここのお店だと言われており、やはりここははずせないのです。バンコク行くたびに訪問しています。ただ近頃はバンコク内でプーパッポンカリーのおいしいお店がたくさん出てきているらしいのです。

でも、やっぱりまた行ってしまった。

場所はBTSチョンノシー、シーロムから徒歩10分くらい。また2号店は国際競技場から歩いていける。

Kanikare

元祖かにのカレー炒め

油っぽいけどやっぱりおいしい!!

でもやっぱり油っぽい!!

Osuwan Totomankun

Pakkubun

そして・・・・・・・・・・

Buta

・・・・・

こぶた

Buta2_2

←←皮を食べた後、こぶたは炒め物になって再登場。

跡形はなし

当日はチョンノシー店にはこぶたがいなかったので、支店から調達。日本食べたらすんごく高いということでしたが、ここでは3200円くらいでした。

こぶたは身がやわらかくてあっさりしています。グロテスクですが。。

こぶたが食べたい!!と豪語してくれたLさんありがとうございました。

|

« ブッサラカム | トップページ | 日タイ修好120周年記念事業 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137845/16607537

この記事へのトラックバック一覧です: ソンブーン:

« ブッサラカム | トップページ | 日タイ修好120周年記念事業 »