« カブトガニ | トップページ | TYキッチンの空き状況 »

2008年6月18日 (水)

カブトガニ 詳細

その後、カブトガニについての記述を発見

~山口カブトガニ研究懇話会さんのサイトより~

「カブトガニは、最初に“生きている化石”といわれた生物である。2億年もの間、形を変えずに生きてきたからである。カブトガニ類のなかまが現れるのは、デボン紀で4億年前のことである。現在のものとほとんど変わらないカブトガニは、ヨーロッパの中生代三畳紀末(2億年前)の地層から出現している。カブトガニがいかに長い期間生存してきたかがわかる。生物学的に大変貴重な動物である。

 また、カブトガニはその存続以外に、血液が医学界、薬学界に注目されている。すでに、細菌の内毒素の検出薬として利用されている。また、ガンやエイズの特効薬になりうるとして、研究されている。人類に貢献しているわけである。

カブトガニは、その名前からエビ・カニなどの甲殻類の仲間といわれることがあるが、じつはかなり隔たっており、クモやサソリの方が近縁である。といっても、5億年前に分かれているのであるが。・・・」

カブトガニの血液が医学界で注目!?                              ガンやエイズの特効薬?

すばらしい・・・shine

カブトガニはエビやカニの仲間ではなく、クモやサソリscorpiusに近いって?

じゃ私はクモの卵を食べたの・・・?

うひ~  やってもうたcrying

|

« カブトガニ | トップページ | TYキッチンの空き状況 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137845/42239267

この記事へのトラックバック一覧です: カブトガニ 詳細:

« カブトガニ | トップページ | TYキッチンの空き状況 »